トップページ
診療案内

医師紹介
交通案内


■診療案内
内科
かぜ、インフルエンザ、花粉症(アレルギー性鼻炎)、喘息、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症(旧:高脂血症))、肝機能異常 など
(症状)頭痛、咳、胸痛、腹痛、嘔吐、下痢、便秘 など

消化器内科
胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染症、胃腸炎、胃・大腸ポリープ、胃・大腸癌、IBS(過敏性腸症候群)、胆石、胆嚢ポリープ、肝機能異常、脂肪肝、肝炎 など
(症状)腹痛、嘔吐、下痢、便秘、血便、胸やけ など  

小児科
(原則2歳以上。乳児は予防接種のみ)
かぜ、気管支炎、胃腸炎、小児喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、熱性けいれん予防、乳児湿疹(しっしん)、あせも、おむつかぶれ など

皮膚科
湿疹(しっしん)、じんましん、かぶれ、アトピー性皮膚炎、虫刺され、とびひ、水虫、にきび、乾燥肌、やけど、ヘルペス、脱毛症、日焼け など

各種予防接種
インフルエンザ、BCG、三種混合、MR(風疹・麻疹)、水ぼうそう、おたふくかぜ、二種混合、肺炎球菌(小児・成人)、日本脳炎、Hibワクチン、子宮頚がんワクチン など

各種健康診断
特定健康診断(社会保険)、川越市特定健康診査、後期高齢者健康診査、企業健診 など

■当院で検査可能な項目
胃カメラ
(経口:従来の胃カメラ、経鼻:鼻からの胃カメラ)
大腸ファイバー
腹部超音波検査
心電図
レントゲン撮影
各種採血検査

■院内設備
消化器内視鏡
(胃カメラ(経鼻・経口)、大腸ファイバー)
当院では従来の経口内視鏡(口から内視鏡)の他に経鼻内視鏡(鼻からの内視鏡)も行っております。経鼻内視鏡は次のような特徴があります。
1.体の負担が少ない
(経口内視鏡(内経9.8o)に比べて内経が小さくなっています(内経5.9mm))
2.嘔吐が起きにくい
(内視鏡が舌の付け根を通らないため吐き気が少なくなります。)
3.会話が出来る
(口を通らないため話が出来ます。)
 
超音波診断装置(エコー)
心電図
デジタルレントゲン撮影装置
内視鏡洗浄装置
電子カルテ
画像ファイリングシステム

■紹介先病院
当院では近隣の総合病院と連携して地域医療を行っております。入院や専門的な検査が必要な場合には最適な医療機関を御紹介させて頂きますので どうぞ遠慮なく御相談下さい。
埼玉医科大学総合医療センター
武蔵野総合病院
関本記念病院
赤心堂病院
愛和病院
など


トップページ
Copyright (C) 2011 ARIYAMA Clinic. All Rights Reserved.